すでにフロントマンtakasiからもお伝えしておりますとおり、私ユキはgravel’s endから脱退する運びとなりました。

既に活動している自分自身のバンドGertrudeやソロに専念すべく、私から申し出た形です。

gravel’s endは活動を継続し、新しいギタリストを募集しています。私も自分自身の音楽を継続し、違った場所からバンドを応援できる日が来たらいいと思っています。

 

日ごろよりバンドを応援してくださっている皆様、交流のある素敵な音楽家の皆様、ライブハウスや企画者の皆様、すべてのお世話になった皆様、こんな私にたくさんの温かい言葉や、声援や助言を下さり、本当にありがとうございます。そしてあまり返せるものもないままこのような報告となり、申し訳ありません。

 

未告知分を含む、4月末までの確定しているライブについては参加し、少しでも良いものを提示できるよう尽力します。

最後のお別れの挨拶には時期尚早かと思いますので、取り急ぎのご報告とさせて下さい。そして時機が来たら改めて皆様にお礼を言わせて下さい。

 

うまいことを言ったり書いたり出来ないのですが、私の一番好きな映画の、

“毎日 大勢とすれ違う

その中の誰かともしかしたら友達に

だから僕は すれ違いを避けない”

というエピローグが頭をよぎっています。直接関係はないのですが・・・

 

それでは、また。ユキ

コメントを残す